WordPress

【3分未満】ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン【All In One WP Migration】

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

  • ワードプレスで新たにブログやアフィリエイトサイトを作りたい
  • でも、いちいちプラグインを入れたりするのがめんどくさい
  • 今あるブログの設定を簡単に引き継ぎたい

 

そんなときにおすすめなのがAll In One WP Migrationというプラグインです。

 

All In One WP Migrationは、プラグインだけでなく画像やパーマリンクなどの設定も含めてすべてのデータを移行できる優れもの。

 

また、データの移行だけでなくデータのバックアップ機能もついていますよ。

 

ブログ・サイトの引っ越しやプラグインの移動が必要ない方でも、ワードプレス利用者であればぜひ入れておきたいプラグインです。

 

ワードプレスのプラグインや設定を簡単に移行できるプラグイン【All In One WP Migration 】

All In One WP Migrationとは、ワードプレスからワードプレスへデータを移行できるプラグインです。

 

画像やプラグイン、パーマリンク設定や記事一覧など、クリック1つですべてのデータをエクスポート → インポートできます。

 

また、プラグインのデータは引き継ぎたいけど画像は移行しなくていいなど、すべてのデータを移行しなくていい場合は、エクスポートする段階でデータの選別ができますよ。

 

All In One WP Migrationの使用例

たとえば、現在運営している雑記ブログのあるカテゴリーが伸びてきたので、雑記ブログから切り離して特化ブログを作りたいというとき。

 

新たに立ち上げる特化ブログも、雑記ブログと同じプラグインやテーマで運営したいけど、イチから設定するのがめんどくさい……。

 

そんなときにAll In One WP Migrationが使えます。

 

移行するデータは選べますから、プラグインだけ同じでテーマは変えたい、画像は移行しなくていいなどと、柔軟に対応できるんです。

ワードプレスでペラサイトを量産したいときにもおすすめ

 

All In One WP Migrationの使い方

移行元のワードプレスでの作業と、移行先のワードプレスでの作業の2段階に分けて説明していきます。

 

移行元のワードプレスでの作業

ステップ1:All In One WP Migrationをインストール

まずは、プラグインの『新規追加』から『All In One WP Migration』と検索し、『プラグインをインストール』をクリック。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

インストールが完了したら『有効化』してください。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

ステップ2:エクスポートするデータを選択する

続いて、メニューにあるAll In One WP Migrationの『エクスポート』をクリックします。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

『高度なオプション』をクリックし、エクスポートしないデータを選択してください。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

ちなみに、個人的にエクスポートしないデータは次の3つです。

  • スパムコメント
  • 投稿リビジョン
  • メディアライブラリ(画像)

スパムコメントや投稿リビジョンを移行する必要はないですし、画像も使いまわさないのでエクスポートしません。

 

違うワードプレステーマを使いたい場合は、エクスポートしないデータとしてチェックを入れましょう。

 

メールアドレスのドメイン置換についてですが、たとえば運営者情報にドメインを入れていた場合は、自動的に新しいドメインへ置き換えてくれます。

 

先の例で言うと、運営者情報に入れていた雑記ブログのドメインから、新しく立ち上げる特化ブログのドメインへ自動的に置き換えてくれるのです。

 

あなたの運営方法によりますが、基本的にはドメインを置換するということで、チェックは入れなくていいと思います。

 

ステップ3:データをエクスポートする

エクスポートしないデータを選択したら、『ファイル』をクリックします。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

“ドメイン名”をダウンロードというポップが出てきますので、クリックしてください(緑色の部分をクリック)。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

エクスポートが完了すると、『WPRESSファイル』という形でダウンロードされています。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

以上で移行元のワードプレスでの作業は完了です。

ロコ
ロコ
次は移行先のワードプレスでの作業!

 

移行先のワードプレスでの作業

ステップ1:All In One WP Migrationをインストール

移行先のワードプレス同様に、All In One WP Migrationをインストールし、有効化してください。

 

ステップ2:データをインポートする

続いて、メニューにあるAll In One WP Migrationの『インポート』をクリックします。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

インポート方法は2種類です。①赤枠内に、先ほどエクスポートしたWPRESSファイルをドラッグ。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

②『インポート元 → ファイル』の順にクリックし、先ほどエクスポートしたWPRESSファイルをダウンロードします。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

データをインポート中です。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

ステップ3:再ログインして完了

次の画面が出てきたら『開始』をクリック。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

ファイルのインポートが完了したら『パーマリンク構造を保存する』をクリック。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

別ウインドウでログイン画面が出てくるので、再ログインしてすべての作業が完了です。

 

移行作業時に開いていたウインドウは閉じて構いません。

ロコ
ロコ
お疲れ様でした!

 

All In One WP Migrationはバックアップもできる

All In One WP Migrationは、データのエクスポート、インポートだけでなくバックアップ機能もついています。

ステップ1:データをバックアップする

メニューにあるAll In One WP Migrationの『バックアップ』をクリックします。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

『バックアップを作成』をクリック。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

この段階でバックアップファイルは作成されています。

 

ステップ2:バックアップしたデータをダウンロードする

エクスポートのときと同じように“ドメイン名”をダウンロードというポップが出てきますので、クリックしてください。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

これで、あなたのPC上にバックアップファイルが保存されました。

 

ステップ3:復元したいときはデータをインポートする

ダウンロードしなくても、ワードプレス上にバックアップファイルが作成されています。

 

データを復元したいときは、あなたのPCにバックアップファイルをダウンロード(エクスポート)して、再度インポートしてください。

 

クリック1つで完了するので、定期的(月1回など)にバックアップしておくことをおすすめします。

 

All In One WP Migrationでペラサイト用のワードプレスを量産できる

ペラサイト(ここでは、1サイトが1記事のみで構成されているサイトと定義)をワードプレスで作成する場合も、All In One WP Migrationが大活躍します。

 

複数のワードプレスを準備しまして、そのうち1つのワードプレスに必要なプラグインを入れ、免責事項や運営者情報なども完成させます。

 

最初にプラグインを入れたワードプレスからデータをエクスポートして、残りのワードプレスにインポートすれば、サイトの初期設定は一発で完了です。

 

運営者情報に記載しているドメインも自動的置換してくれますし、引き継ぐデータはほぼプラグインだけなので、大して容量もかかりません。

 

ちなみにぼくがワードプレスでペラサイトを作ろうとしたときは、8つのプラグインで21MBでした。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

アップロードするファイルの容量が大きすぎる場合の対処法

初期状態では、インポートできる最大のファイルは64MBと制限があります。

ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン

 

もし画像ファイルをインポートする場合は、かなり容量を食ってしまうので64MBは簡単に超えてしまうでしょう。

 

『最大アップロードファイルサイズを上げる方法』によると、次の4つの対処法があります。

  1. .htaccess fileのアップデート
  2. wp-config.php fileのアップデート
  3. プロバイダーに問い合わせ
  4. 別のプラグインを使う

 

おすすめは④別のプラグインを使用する方法です。

 

そのプラグインとはAll-in-One WP Migration Importで、ベーシックタイプとプレミアムタイプの2種類あります。

ベーシックタイプ プレミアムタイプ
料金 無料 69ドル
サイズ 512MBまでアップ 無制限

 

ベーシックタイプは無料で512MBまでサイズアップでき、プレミアムタイプは69ドルかかりますが容量無制限でデータをアップロードできます。

 

ただ、今回はあくまで元のブログやサイトのプラグインや、ワードプレス自体の細かな設定を引き継ぐことが目的なので、初期状態(64MB)でも十分足りると思います。

容量の大きい画像は引き継がない

 

また、複数回に分けてデータをエクスポート → インポートすることで、容量の節約にもなるので試してみてください。

トップに戻る↑

 

まとめ

当記事では、ワードプレスの設定やプラグインを簡単に移行できるプラグイン【All In One WP Migration】について書きました。

 

ワードプレスを利用している方で、新たにブログやサイトを立ち上げたいけど初期設定がめんどくさいという方におすすめのプラグインです。

 

また、All In One WP Migrationはデータのエクスポート、インポートだけでなくバックアップもできるプラグイン。

 

クリック1つで簡単にできますので、まだAll In One WP Migrationを入れていな方はぜひ導入してみてください。

ロコ
ロコ
それではまた!!